日本を救う会

LIFE

日本は滅びる

population.prediction.japan

データをみても明白。

人口減少理由の一つはお金。

1人の子供を大学卒業まで育てるには平均2300万円が必要といわれている。

ですが、あなたの1円で日本を救えます。

方法は簡単。

日本の物を買う。

日本の物を使う。

「自国の産業・経済を考える。」

Amazon より 楽天
ベンツ より トヨタ
ZARA より ユニクロ
アップル より ソニー
スタバ より ドトール
サムスン より パナソニック
ユーチューブ より ニコニコ動画
ディズニーランド より サンリオピューロランド

なにかひとつできないでしょうか。

もちろん、好きなものを買うべきです。
このリストのサービスはイコールはありません。
サービスの品質がまったく違うものもあるでしょう。

しかし、「どっちがいいかな?あまり差がないな。」
という時は日本のものを使ってみませんか。

その理由は支払ったお金がどこに行くかということ。

積み重ね

クレジットカードを例に考えてみましょう。

2016年は約1200兆円が全世界で使われました。
出所:日経推定 クレジットカード ショッピング取扱高:12兆1138億ドル

全世界で使われたカード会社の比率はこちら。

japan.credit.visa.master

59.3% アメリカ VISA
29.0% アメリカ マスターカード
8.5% アメリカ アメリカンエクスプレス
2.0% 日本 JCB
1.2% アメリカ ダイナーズクラブ/ディカバーカード

国別でみると
98% アメリカ
2% 日本

これは全世界のクレジットカード利用データです。

クレジットカードの収益は主に手数料であり、1~7%程度がクレジット会社に入ります。

つまり、仮に手数料1%で計算しても、2016年はクレジットカードを使ったことによって、
世界中のどこかの買い物から、11兆円がアメリカに渡ったことになります。

世界資産額ランキングトップ10にアメリカ勢が8人いるのはこういったビジネスモデルの積み重ねです。
forbes.billionaires
出典:フォーブス誌 2021年版 世界長者番付(World’s Billionaires)

世界中で使われる便利な優れたものを発明した方々です。
Google,AMAZON,Facebook,Apple,Microsoft
それに値します。

gafam

一方そのころ日本では、

その便利すぎる代償として、
日本で商売を始めて広告を出すために
Googleに、インスタグラムに、お金をはらい、

日本で稼いだ給料で
今日あなたが買った、
100円のコーヒーや
1000円の本から
1円,10円が毎日遠い国に送られているのです。

VISAカード、AMAZONによって。

もったいないと思いませんか?

自国の将来のために

今日からできることはなんでしょうか。

町の商店街で現金を使い続けましょうというわけではありません。
なにをどう買うのも使うのも個人の自由。

「日本が破綻したら移住すればよい。」
「日本の年金制度には期待していない。」と
割り切っているなら構いません。

ですが、もし
「商品選びに迷った時」
「日本の将来を考えた時」
「自分の未来を想像した時」

AMAZONでVISAカードを使うよりも、
楽天でJCBカードを使ってみてはいかがでしょうか。

わたしはスマホをソニー、ヘッドフォンをソニー、パソコンをソニー(VAIO)にしています。

sony.japan

その1円の積み重ねが日本中に広がれば、日本が少しずつ良くなっていきます。

人口減少の根本的な原因は他にもたくさんあります。
その上で、この「自国の産業・経済を考える。」ことが国の将来に繋がる一つだと確信しています。

日本が滅びることなく、繁栄するためのご協力ありがとうございます。

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」
イチロー 引退会見

japan.ichiro jcb.japan

人気記事>>ドバイ エミレーツ パイロットスクールから招待された件

YouTube>>人がいない緊急事態宣言解除後初の華金 新宿 歌舞伎町